少子化や超高齢者化社会を迎える中で、足腰の強い、持続可能な地域経済を構築していくために、日頃からバランスの取れた美味しい食事を採ることで生活習慣病を予防しようとする「医食同源」のコンセプトが基本となります。
そこで、絶えず変化する情報の中で、適切な食材を選定し、無理なく楽しく健康に資する食事が可能となるような、当該地域に相応しいレシピ開発のスキルと、その修得のためのカリキュラムの設計を行います。

また合わせて、「インスタ映え」のする料理など、SNS等を活用した、これまでにない「食マエ」(調理)、「食ナカ」(食事と交流)、「食アト」(口コミ)といった、食事の様々な「楽しみ方」をプロデュースするノウハウの体得も目指します。